費用を抑える方法|不用品を売り捌いて資金をゲット

着物の現状

着物を着用する機会の減少

時代と共に変化をつづけながらわが国では長年着物が着用され続けていました。 かつてはハレの日もケの日もよく着用されていました。 しかしながら、生活の洋風化の流れの中で着物を着る機会が徐々に減ってきました。 ケの日用はもちろん正月や子供の卒業式などのちょっとした節目で着用されていた着物も現在ではほとんど着られなくなったしまいました。 しかしながら、七五三、成人式、結婚式や葬式などの特別な儀式においては着用される場合がまだまだあります。 しかし、着物が特別なものとなり、着る時期も限られるようになってしまったため 作ってはみたもののそのまま着られないで、家の中にしまわれたままという状態になっているケースも少なくありません。 その箪笥の奥にしまってある貴重な財産を活かす手段として買取サービスがあります。

買取市場と価格の傾向

着物の買取というと着物本体そのものの買取だけを想像しがちですが、実はそうでもありません。 帯やその他和装小物も買取の対象になります。 着物や小物の実際の買取価格はどのようになるかというのは、リサイクル市場の変化によってその都度変わってしまうのですが、希少価値の高いもの、伝統工芸品に属するもの、有名作家デザインのものが高値がつく傾向にあります。 また、保存状態の良さも買取査定には有利に働きます。 着物本体の買取価格の傾向としては、どうしても新品を作る傾向にある振袖や最近では需要の無い打掛などはあまり高値は期待できませんが、黒留袖などはある程度期待できそうです。 一番買取市場で人気があるのが準礼服として扱われる訪問着で、こちらは条件次第で高値が期待できます。